ホーム サイトマップ お問合せ ENGLISH

      
       

大会概要

開催情報

 開催情報

 公開審査

 作品展示

 審査員

 審査方法

出展情報

よくある質問

協賛企業

大会関連情報

お問合せ

リンク

 

開催情報

>審査方法


審査は3段階で行われます。 (※個別の審査方法は若干変更になる場合があります。)
会場運営の関係上当日公開されない審査の記録は、大会後刊行のオフィシャルブックに掲載される予定です。

 

1.予選: 上位100点を選出上位10点を選出各賞の決定


日時: 2008年3月7日(土) 
会場: せんだいメディアテーク ギャラリー4200 (作品展示会場)
    せんだいメディアテーク ギャラリー3300 (作品展示会場)
審査員: 8名の予選審査員によって審査が行われます。

五十嵐太郎 (東北大学准教授)
小野田泰明 (東北大学教授)
櫻井一弥  (東北大学助教、SOY source建築設計事務所)
竹内昌義  (東北芸術工科大学准教授、みかんぐみ)
槻橋修   (東北工業大学講師、ティーハウス建築設計事務所)
中田千彦  (宮城大学准教授)
堀口徹   (東北大学助教)
本江正茂  (東北大学准教授)

審査方法: 1.全出展作品に対する投票
      2.投票の得点を集計後、ボーダーライン(100位)前後の作品に対
        して予選審査員全員でディスカッションを行い、セミファイナル
        進出作品100点を選出。
結果発表: 翌日3月9日(日)10時に本サイトにて予選通過作品のID番号を発表。
※展示会場内の予選通過作品のパネルには「花」が貼られます。
※予選通過者本人への連絡はありません。
その他: ※設営期間中につき、入場はできません。

 

2.セミファイナル: 上位100点を選出上位10点を選出各賞の決定


日時: 2008年3月8日(日)10:00〜12:30 
会場: せんだいメディアテーク ギャラリー4200 (作品展示会場)
    せんだいメディアテーク ギャラリー3300 (作品展示会場)
審査員: ファイナルの審査員、司会、コメンテータ
審査方法: 1.予選通過作品100点に対する投票
      2.得票上位作品に対しディスカッションを行い、ファイナル進出作
        品10点を選出。
※選外作品の順位は得票数のみにより決定
※ディスカッションは展示会場バックヤードで行われるため、入場はできません。
結果発表: 審査終了後、ファイナル進出が決定した出展者には直接連絡。
      その際、以下の2点を満たせることがファイナル進出最終決定の条件。
※選外作品の順位は大会終了後本サイトにて発表予定。


ファイナル進出の条件
指定時間までに本人に連絡がとれること
指定時間までに本人が公開審査会場に到着できること

※電話連絡を受けた時点では、審査会場/展示会場にいる必要はありません。

 

3.ファイナル(公開審査): 上位100点を選出上位10点を選出各賞の決定


日時: 2008年3月9日(日)15:00〜20:00
会場: 仙台国際センター 大ホール
審査員: 難波和彦  (東京大学大学院教授、難波和彦・界工作舎
     妹島 和世建築家・慶應義塾大学教授
     五十嵐太郎 (東北大学准教授)
     梅林克  (神戸大学大学院教授)
     平田晃久  (平田晃久建築設計事務所
司会: 槻橋修 (東北工業大学講師、ティーハウス建築設計事務所)
コメンテータ: 小野田泰明 (東北大学教授)
        竹内昌義 (東北芸術工科大学准教授、みかんぐみ)
        中田千彦  (宮城大学准教授)
        堀口徹 (東北大学助教)
        本江正茂 (東北大学准教授)
審査方法: 1.ファイナリスト10名によるプレゼンテーション(各5分)、
       質疑応答(各4分)
      2.追加の質疑応答、ディスカッションにより各賞を決定。
結果発表: 審査終了後、本サイトにて発表。




                         

△TOP

 
     
       

 


(C)2008-2009 仙台建築都市学生会議